正岡眼科

ミニウェル・レディー導入しました

ICLの特徴

      EVO Visian ICL, Sitz im Auge, transparenter Hintergrund  

 

厚生労働省から認可されている

 

ICLは、2010年に厚生労働省から高度管理医療機器として認可されています.また、日本国内で実施した治験では、その有効性と安全性も認められています.ICLは日本だけでなく世界中でその効果が認められ、現在では64ヵ国200,000眼以上に施術されています.これは12分毎に施術されている計算です.ICLは世界中の国で認められ、多く施術されている手術です.  

 

レーシック適応外の方にも有効

 

レーザーで角膜を削ることが難しいとされる「強い近視の方」や「角膜が薄い方」に対しても手術をすることができます.これまではレーシックが受けられない場合、眼鏡やコンタクトレンズでの生活を余儀なくされていましたが、裸眼で過ごせる選択肢が新たに1つ増えました.    

 

眼への負担が少ない

 

手術は切開口が3㎜と小さく、眼の形状をほとんど変化させずに視力を矯正することができます.眼の回復が早いので手術は日帰り手術で、縫合や抜糸の必要もありません.

 

手術後にレンズを取り出すこともできる

 

手術にしては珍しく、レンズを取り出して元の状態に戻すことが可能です.治療後に度数が変化したとき、新しい近視矯正方法が開発されたとき、取り出して対処することができます.    

 

 

→次:こだわりのあるレンズ素材

[レーシック手術・白内障手術の正岡眼科] 愛媛県今治市常盤町5丁目3-9 TEL 0898-25-8000 FAX 0898-25-8010
Copyright 2015 Masaoka Eye Clinic.