正岡眼科

ミニウェル・レディー導入しました

ICLとは

 

ICL(アイシーエル)手術とは、ソフトコンタクトレンズのような柔らかいレンズを眼の中に入れて近視・乱視を矯正する手術です。眼の中にレンズを入れるため、ハードコンタクトレンズのように日常生活でレンズが外れることもなく、物が入っている異物感も全くありません。また、レンズは茶目(虹彩)の後ろに入れるので、周囲の方にレンズが入っていることはわかりません。矯正できる度数の幅も広く、強い近視や乱視の方にも適した手術です。

手術は30分程度と短く、日帰り手術です。点眼麻酔をしての手術なので眼の痛みもありません。3㎜と小さい切開口からレンズを挿入することができるので回復が早いです。手術した直後から見え始めるのもICL手術の特徴の1つです。    

 

 

手術方法

 

  Print        

 

 

 

①目薬を使用して瞳孔を開き、

点眼麻酔をして角膜を2ヵ所3㎜切開します  

 

 

Print

 

 

 

 

 

②切開した部分からレンズを眼の中に入れます  

 

 

 

Print

 

 

 

③レンズを茶目(虹彩)の後ろに固定します

 

 

 

    Print

 

 

 

 

④瞳孔を小さくして手術は終了です        

 

 

 

→次:ICLの特徴

 

[レーシック手術・白内障手術の正岡眼科] 愛媛県今治市常盤町5丁目3-9 TEL 0898-25-8000 FAX 0898-25-8010
Copyright 2015 Masaoka Eye Clinic.