正岡眼科

ミニウェル・レディー導入しました

[白内障] 白内障手術と合併症

白内障手術と合併症

高い技術と最新の手術設備によって白内障手術の安全性は保たれています。
当院では手術の成功率が100%に近付くよう細心の注意を払って手術を行っておりますが、手術には予測できないことが起こる可能性が必ずあり、100%の成功率を望むことは出来ません。
合併症(がっぺいしょう)とは手術中あるいは手術後に起こる都合の悪い状態のことです。
合併症の起こる確率は少なくなりましたが、絶対に起こらないとはいえません。
合併症が起こった場合にも、最新の医療技術で対応いたします。

手術中の合併症

チン小帯断裂

水晶体をささえるひも(チン小帯)が弱く、手術中に断裂することがあります。チン小帯断裂が起こると手術は困難で時間がかかり、眼内レンズを挿入することが出来ない場合もあります。眼内レンズを挿入するためには眼内に縫い付ける手術に変る場合もあります。

破嚢(はのう)

ごく稀に、眼内レンズを支えるために残しておく袋(水晶体嚢)が何らかの原因で手術中に破れることがあります。
これを破嚢といいます。
破嚢が起こると、手術に少し時間がかかります。また、大きな破嚢が起こった場合には、手術前に予定していた眼内レンズが挿入できないことがあったり、眼内レンズを眼の中に縫い付ける手術に変わる場合もあります。

感染
手術の傷口から細菌が眼内に入り、繁殖することを感染といいます。糖尿病や抵抗力の落ちた方では稀に起こすことがあり、最悪の場合には失明することもあります。
手術後、きちんと点眼していれば心配ありませんが、術後急激な視力低下・眼痛・充血などがあれば、すぐに受診、またはご連絡ください。早期に治療する必要があります。

術後炎症
手術後、角膜が腫れたり、眼圧が上がって、しばらく見えにくい場合があります。医師の指示に従って点眼あるいは内服しておけば、3・4日で回復しますので心配はいりません。

はご連絡ください。早期に治療する必要があります。

手術後の合併症

グレア

眼内レンズの素材は一種のプラスチックです。
そのため、眼内に入る光が反射されて、見ている物体の周囲に輪がかかって見えたり、
光が長く伸びて眩しく見えることがあります。
しばらくすると気にならなくなりますので心配いりません。
また、手術前と色の見え方に違いがあると感じる方もおられますが、これも気にならなくなりますので心配いりません。

 

後発白内障(こうはつはくないしょう)

手術後数か月から数年経って、眼内レンズを支える膜(後嚢)が濁り、視力がおちてくることがあります。これを後発白内障といいます。
この場合はYAG(ヤグ)レーザーという器械を使用し、濁った膜を破る手術をします。この手術は外来で短時間で行うことができ、痛みもなく翌日から視力は回復します。

 多焦点眼内レンズの手術後の合併症

 

乱視・近視・遠視

術後、残った乱視・近視・遠視によって、見え方がはっきりしない場合があります。
この場合、メガネをかけたり、LRI(乱視 矯正手術)、LASIK(近視・遠視・乱視矯正手術)を行うことによって改善することができます。

従来の多焦点眼内レンズ(二焦点レンズ)の手術後の合併症

 

メガネの必要性は?

近くと遠くの両方にピントを合わせることが出来るため読書・化粧・携帯電話操作・景色を見るなど、通常生活でメガネを装用する必要性はほとんどありません。
しかし、パソコン操作など50cm~1m程度の距離では見にくいと感じ、メガネを装用した方が楽に感じる場合もあり、メガネが全く必要なくなるというわけではありません。
メガネの作成時期は、術後の視力の安定する時期、約、1ヶ月後くらいです。
医師・スタッフにご相談ください。

 

グレア・ハロー

強い光源を見た場合に強い光を眩しく感じたり(グレア)、光の周辺に輪がかかって見えたり(ハロー)することがあります。この症状は多焦点眼内レンズ特有のものではなく、単焦点眼内レンズでも見られますが、多焦点眼内レンズでは強く感じることがあります。

夜間運転時のハロー

夜間の運転時に感じますが、個人差があり時間の経過とともに慣れてくるといわれています。

 

コントラスト感度低下

 

 

[レーシック手術・白内障手術の正岡眼科] 愛媛県今治市常盤町5丁目3-9 TEL 0898-25-8000 FAX 0898-25-8010
Copyright 2015 Masaoka Eye Clinic.